So-net無料ブログ作成

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法 レビュー くちこみ 評価 [視力回復]

今まで9割以上の子供の視力を0.8以上に回復させた実績のある、アイ・トレーニング 視快研 公認インストラクター田中謹也先生の「1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~」の紹介です。


日頃の生活習慣を改善する。

正しい眼球運動を行い両眼の焦点合わせを行うだけで低下した視力は自然と良くなるものなのです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法

眼科で出された目薬( ミドリン や ミオピン )を毎晩さしている
眼科で一回5分程度の視力回復トレーニングを熱心にさせている
眼にいいと言われているブルーベリーサプリを毎日飲ましている
家庭用 医療機器認定の機械を買って超音波治療をしている
視力回復すると謳っている穴あき眼鏡でトレーニングしている
3Dの絵本を見せて視力回復させようとしている
・・・でも、視力が思うように回復しないまま。

今まで眼科で目薬をさしても、ワックという視力回復トレーニングを受けても全く改善しなかった…。

眼科で処方された目薬( ミドリン )を2か月さしても、ワックを週5日のペースで受けてみても、視力が徐々に 低下していった
そして、眼科医からは「そろそろ眼鏡にしましょうか」と通告。

子どもの視力は0.7以上(仮性近視)なら元に戻る可能性は高いです。

しかし、0.7未満の真性近視( 治らない近視 )になったら、いくら子供といえども、もう元の視力には戻らないのです。

子供の視力は落ち始めると、たった1ヶ月でも一気に0.3程度にまで落ちてしまいます。

つまり、視力は低下すればするほど回復しにくくなってしまうんです!

そこで、あわてて眼科や眼鏡屋さんに行って、黒板の字が見えにくいと訴えたところで、
「それではもうメガネですね」といわれ、すぐにメガネを勧められてしまいます。

あなたもご存じのとおり、メガネをかけると子供の近視はさらに進みます。

そうなると、お子さまは一生メガネかコンタクトレンズの生活です。
( 特に、小学校 低学年 からのメガネの常用は子供の近視を急速に進めてしまうので気をつけてください )

メガネなしで本を読んだり字を書いたりするのも不便です。

しかも、メガネをかけてドッジボールやサッカーなどは危険なので、できるだけメガネは避けたいところですよね。

さらに、幼いころからの重度近視(0.1以下)は、日常生活に支障がでるばかりでなく、将来的には網膜はく離、緑内障といった重度の眼病になりやすいのです。

中でも、緑内障の発症率は、普通の人の2倍といわれています。

手遅れになると 視力の向上は困難になります。

だから、早期発見、早期トレーニングが必要なのです。

視力のいい人と、どんどん視力が低下する人との違いは、間違った知識や思い込みから生じていることが、ほとんどだったのです。

近視で眼科を受診すると「 ミドリン 」「 サンドール 」といった「 近視治療 」と称した目薬を処方されます。

もしくは、「 ワック 」という器具を使った“トレーニングのようなもの”を受けるように勧められた経験があるのではないでしょうか?

しかし、残念ながらこれらは根本的な解決策にはなりません。

例えば、目薬。

これは、眼の瞳孔を開く散瞳薬であって、近視を治すための目薬ではないんです。

その名前の通り、この目薬をさすと瞳孔が開きます。
もし 昼間に使用すると、まぶしくて眼を開けることができません。
ですから、夜 寝る前にだけ 使用してください、と言われているのです。

眼科は、視力を回復することが目的ではなく、あくまでも、結膜炎、白内障、緑内障などの“ 眼の病気 ”を治すところです。

ですが、子供の近視は病気ではありません。

日頃の生活習慣を改善する。
正しい眼球運動を行い両眼の焦点合わせを行うだけで低下した視力は自然と良くなるものなのです。

正しいトレーニングでお子様の将来を明るいものにしてあげてください。

詳細なサイトはこちらからです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法


よろしければ、こちらの情報もごらんください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
副鼻腔炎・蓄膿症・花粉症・鼻炎を自宅で解消する方法
【頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック】自宅で出来る改善プログラム
いびき撃退★ミラクルスリーププログラム
顎関節症改善:刈谷式顎関節症改善術
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。